白パッド

白パッド

通常の一番使いうシーンの多い白色パット。特に特別なことが無ければ、私はまずはこのパッドを使うようにしています。フローリングや畳、家具の側面などに使っています。

 

こんな感じで色々な種類がありますよ。

 

白パッド

 

この白パッドの使い分けとしては、埃の多い場所には白パッドのダスターがかなりおすすめですね。

 

もちろん、白パッドに限らず、汚れのしつこい場所には、研磨パッド、窓にはスクイーズ、ピンポイントには、直噴射、他の場所にはこの白パッド、そんな形で活用している私です。

 

ですが、やはり無難になんでも使えるこちらの白パッドが重宝しているかな、と思います。

 

フローリングにも良いし、窓の掃除でも、スクイージーパッドを使う前の下掃除に、この白パッドでざっくり掃除すると、しつこい汚れも落とせますよ♪

マイクロファイバーパッドの耐久性について

白パッド

 

この白パッド【マイクロファイバーパッド】 の 素材は、とてもしっかりとした厚手の3層構造になっています。そして、このパッドは、キルティング加工と呼ばれる特殊なか加工がしてありますので、写真でみると分かりにくいかもしれませんが、普通にイメージできるような雑巾を、もう少しゴワっと、しっかりとした印象です。

 

ただ、いくら耐久性が高いとは言え、このパッドは消耗品という扱いになり、使っていれば少しづつですが、汚れも溜まるし、糸の解けなどがあるんですね。このように、どうしても消耗品という位置づけではありますので、定期的に交換することが、効率的なお掃除につながると思います。

 

シャークスチームポータブルの公式サイトによると、このパッドの交換の目安としては、週に1度使うとした場合には、約3ヶ月での交換を提案しています。
つまり15回くらい使ったら交換しましょう、ってことですね。

 

ただ、使用方法にもよると思いますので、このパッドを選択しても汚れが落ちないなどの場合を目安にしたらいいと思います。

管理人おすすめの使い方!

私が色々と使って思ったのは、公式サイトでいうほど、このパッドは汚れないと思いました。つまり、交換しなくても、もっと長く使えるということです。

 

ただし、ザラザラした場所の掃除や、油汚れの酷いレンジフードに使うと、一気に汚れてしまう印象です。そこで、おすすめしたい使い方は、フローリング専用のパッドと、ひどい汚れを掃除する専用のパッドの2種類を用意することです。

 

そして、このひどい汚れ専用パッドは、フローリング専用パッドがくたびれてきたら、酷い汚れ専用にお下がりにするんです。そうすると、どちらのパッドも効率よく使えると実感しましたよ♪

 

お得な方法なのでぜひお試しください。

シャークスチームポータブルの白パッド関連ページ

スクイージーパッド
シャークスチームポータブルのスクイージーパッドは窓掃除に最適♪
ダスターパッド
シャークスチームポータブルで家中ピッカピカ♪
研磨パッド
シャークスチームポータブルで家中ピッカピカ♪